合格したのはいいけど、本当の意味でチェルニー30番が弾けていない

小学校から高校までピアノを習っていました。長く習っていたわりには家でまともに練習しないで来てしまいました。チェルニー30番を仮におしまい出来たものの、医者の信望は甘かった。チェルニーって簡単な音符が並んでいるので弾こうという思えば弾けますが、マイナスは度合です。確定ステップ通りに弾くといった指がおかしくなるぐらい度合が速いのです。わたくしはチェルニー30番を悠々弾いて医者に丸を頂けていました。ですから、早く弾けないのが問題なのです。ユーチューブでチェルニー30番の熱唱を見ると、小学校ぐらいの人が確定ステップを守って弾いていて凄まじい。それでいて指使いもキレイだし、響の粒まで揃って凄い熱唱だ。私のお母さんの仲間にピアノを教えて掛かる医者がいるんだけど、小さい頃からピアノを通していれば自然と手首のやり方を憶えられて、苦労しないで楽譜を読めるようになると言ってました。私もまじめにやっていればその人のように弾けたんだというといった、何故やらなかったんだという過去の自分のピアノとの向き合い方を反省してしまう。狭苦しいことほどは伸びないかもしれないけど、大人になった只今、むしろはじけるようになりたい。ですから只今、指が回らなくてもチェルニー30番を真面目に弾いています。約一月弾いてきてわかったことは、そこそこやればいくぶんステップをあげてはじけるようになった曲もあるが、とある特定の曲だけはまったくステップがあがらないどころか、ゆったり弾いてもドジばっかりしてしまうに関して

クレアルの口コミはココ